中村天風とその足跡

中村天風写真

中村天風中村天風

明治9(1876)年生まれ。
日露戦争の軍事探偵として満蒙で活躍。帰国後、当時不治の病であった肺結核を発病し、心身ともに弱くなったことから人生を深く考え、人生の真理を求めて欧米を遍歴する。
一流の哲学者、宗教家を訪ねるが望む答えを得られず、失意のなか帰国を決意。その帰路、奇遇にもヨガの聖者と出会いヒマラヤの麓で指導を受け、「自分は大宇宙の力と結びついている強い存在だ」という真理を悟ることで、病を克服し運命を切り拓く。帰国後は実業界で活躍するが、大正8年、病や煩悶や貧乏などに悩まされている人々を救おうと、自らの体験から“人間の命”の本来の在り方を研究、「心身統一法」を創見し講演活動を始める。
この教えに感銘を受けた政財界など各界の有力者の支持を受け「天風会」を設立。その後50年にわたり教えを説く。
東郷平八郎、原敬、北村西望、松下幸之助、宇野千代、双葉山、稲盛和夫、広岡達朗など、その影響を受けた人々は多様で、自らの人生、事業経営に天風哲学を活かしている。
昭和43(1968)年、92歳で生涯を閉じる。

明治9(1876)年生まれ。
日露戦争の軍事探偵として満蒙で活躍。帰国後、当時不治の病であった肺結核を発病し、心身ともに弱くなったことから人生を深く考え、人生の真理を求めて欧米を遍歴する。
一流の哲学者、宗教家を訪ねるが望む答えを得られず、失意のなか帰国を決意。その帰路、奇遇にもヨガの聖者と出会いヒマラヤの麓で指導を受け、「自分は大宇宙の力と結びついている強い存在だ」という真理を悟ることで、病を克服し運命を切り拓く。帰国後は実業界で活躍するが、大正8年、病や煩悶や貧乏などに悩まされている人々を救おうと、自らの体験から“人間の命”の本来の在り方を研究、「心身統一法」を創見し講演活動を始める。
この教えに感銘を受けた政財界など各界の有力者の支持を受け「天風会」を設立。その後50年にわたり教えを説く。
東郷平八郎、原敬、北村西望、松下幸之助、宇野千代、双葉山、稲盛和夫、広岡達朗など、その影響を受けた人々は多様で、自らの人生、事業経営に天風哲学を活かしている。
昭和43(1968)年、92歳で生涯を閉じる。

天風の足跡

  • 中村天風写真01
  • 中村天風写真02
  • 中村天風写真03
  • 中村天風写真04
  • 中村天風写真05
  • 1876(明治9年)7月30日、東京府豊島郡王子村(現東京都北区王子)に生まれる。
    本名・三郎
  • 1892(明治25年)修猷館中学を退学。頭山満翁の玄洋社に預けられる。
    陸軍中佐 河野金吉の鞄持ちとして、日清戦争開戦前の
    満州および遼東半島方面の偵察・調査に従う。
  • 1903(明治36年)訓練を受けたのち、日露戦争の軍事探偵としてハルピン方面に
    潜入、諜報活動を開始する。
  • 1904(明治37年)ロシアのコサック兵に捕えられ、死刑の宣告を受けるが
    九死に一生を得る。
  • 1906(明治39年)陸軍から任命され、朝鮮総督府の高等通訳官の任務に付く。
    任務について3ヶ月目に吐血。当時の死病であった奔馬性肺結核と
    診断される。
  • 1909(明治42年)オリソン・スウェット・マーデン博士の教えを請うために、
    病の身を押してアメリカに密航。
    コロンビア大学で聴講生となり、免疫系と自律神経系統について
    学ぶ。更に哲学者、有名識者を尋ねてヨーロッパへ渡り、
    ロンドンで、H・アデントン・ブリュース博士の講習会に参加。
    フランスで、大女優サラ・ベルナール邸に寄宿し、
    ヨーロッパのさまざまな思想、文化にふれる。
    リヨン大学のリンドラー博士に鏡を用いる自己暗示法を教わる。
    ドイツで、哲学者ハンス・ドリュース博士の説く生気論を学ぶ。
  • 1911(明治44年)近代医学をもってしても救われない失意のまま、
    マルセイユ港から帰国の途につく。
    途中エジプトのカイロでヨガの指導者カリアッパ師と邂逅。
    師に導かれてヒマラヤ第三の高峰カンチェンジュンガの麓、
    ゴルケ村に入り、ヨガ哲学の行の指導を受ける。
  • 1913(大正2年) 2年数ヵ月の修行で結核は治り、悟りを得て、
    カリアッパ師より帰国の許しを得る。
    帰国途上、上海にて第2辛亥革命に参加。
    帰国後、実業界で活躍し、いくつかの会社の経営に携わる。
  • 1919(大正8年)6月8日、実業界から身を引き、単身「統一哲医学会」を創設し、
    上野公園精養軒前で辻説法に立つ。
    同年9月、天皇の諮問奉答者であった向井厳に見いだされ、
    日本工業倶楽部での講演に招聘される。
    向井の紹介で原敬をはじめとする政財界の人々が熱心に
    天風の公演を聞く。
  • 1940(昭和15年)統一哲医学会を天風会と改称。
  • 1945(昭和20年)強制疎開を命じられ、自宅兼天風会本部であった本郷丸山福山町の屋敷が取り壊され、茨城県利根町布川に疎開する。
  • 1946(昭和21年)10月、虎の門ビルにて戦後初めての講習会が開かれる。
  • 1947(昭和22年)「真人生の探究」を発行。
  • 1948(昭和23年)「研心抄」を発行。
    文京区音羽にある護国寺の月光殿で、講習会や修練会などが
    定期的に行われるようになる。
  • 1949(昭和24年)「練身抄」を発行。
  • 1962(昭和37年)公益性を認められ、財団法人天風会となる。
  • 1968(昭和43年)4月、護国寺内に天風会館落成。
  • 12月1日 死去。享年92歳

天風語録

教義の目的について熱く語るありし日の中村天風

教義の目的について熱く語るありし日の中村天風「映像で蘇る中村天風」(公益財団法人天風会)より

天命に安住し宿命を切り拓く

天命に安住し宿命を切り拓く

「運命には、どうしても逃れられないものと、それから逃れられるものとあるんです。逃れられない運命は『天命』という絶対的なもので、これは人力を以っていかんともすべからざるもの。男が男に生まれ、女が女に生まれたのも天命。この現代に生まれたのも天命なら、昔に生まれたのも天命。これはどうすることもできない。
しかし、絶対に逃れられない天命的なものばかりが人生に襲いかかるんじゃない。多くの人が苦しみ悩むいわゆる運命は、『宿命』なんだ。宿命というのは人間の力で打ち拓いていくことができるもの、絶対的でない相対的なものなんだ。
ところが今の人は、宿命にぶつかったときでもそれを天命だという。自分の努力が足りないことは棚に上げて、どうにも仕様がないというのである。そういう人間が人生に生きるとき、ただ偶然ということのみを頼りにして、その結果自分じゃ気がつかないが、いつか自分の心が迷信的になってすぐ神や仏にすがりつこうとするのである」

失敗の解決策より、
そのときの自分の気持ちを顧みる

「自分がやりたいことを人に相談したら受け付けられなかったり、また自分の思ったことが思うように出来なかった時なんかには、普通の人間だったら誰でも失望や落胆をする。そういうときに、あなた方はたいてい何とかして失望、落胆したことを取り戻そうと、その出来事なり事情なりを解決する方へ手段を巡らすことが先決問題だと思うだろう。それが間違いなんだよ。
一番必要なことは、もしもこの出来事に対して意気消沈し、意気地をなくしてしまえば、自分の人生は丁度流れのなかに漂う藁くずのような人生となって、人間の生命の光明が消えてしまうということを思わなきゃいけないんだよ。失望や落胆している気持ちの方を顧みようとはしないで、失望、落胆をさせられた出来事や事情を解決しようとするから、いつまでも物になりやしない。つまり順序の誤りがあるから駄目なんだ。
およそ人生の一切の事件は、ほとんどそのすべてが自己の心の力で解決される」

失敗の解決策より、そのときの自分の気持ちを顧みる

生存しているからこその生活

生存しているからこその生活

「あなた方が生きているってことは、死んでない以上はよくご承知になっています。しかし生きているという現実の中に、『生存』と『生活』の二つの面があることに気がついていますか。人間が人間らしく生きるのには、何をおいてもまず第一に我々は『生命の生存』を確保する『生き方』を考えなければならないのです。その次に『生活』を考える。
ところが多くの人たちは、生命生存という大事なことをあまり留意しないで、生活に対する方法ばかり、どうすれば健全に生きられるだろう、食い物かしらん、薬かしらん、あるいは空気のいいところかしらん。つまり肉体本位に生活することばっかりを健康獲得への唯一の手段だと考えて、無駄な努力を繰り返している。
しかし、ここはひとつ考えてみてください。生命が生存しているからこそ生活が出来るんでしょう。そうである以上、肝心要の生命の生存を確保することを何をおいてもまず第一に考えなければいけないんですよ。
生命の生存を確保する生き方は、第一に『心』の態度を終始一貫、いかなる場合があろうとも積極的であらしめることです。およそこのことぐらい人生および生命に対して大事なことはないのであります。」

天命に安住し宿命を切り拓く

天命に安住し宿命を切り拓く

「運命には、どうしても逃れられないものと、それから逃れられるものとあるんです。逃れられない運命は『天命』という絶対的なもので、これは人力を以っていかんともすべからざるもの。男が男に生まれ、女が女に生まれたのも天命。この現代に生まれたのも天命なら、昔に生まれたのも天命。これはどうすることもできない。
しかし、絶対に逃れられない天命的なものばかりが人生に襲いかかるんじゃない。多くの人が苦しみ悩むいわゆる運命は、『宿命』なんだ。宿命というのは人間の力で打ち拓いていくことができるもの、絶対的でない相対的なものなんだ。
ところが今の人は、宿命にぶつかったときでもそれを天命だという。自分の努力が足りないことは棚に上げて、どうにも仕様がないというのである。そういう人間が人生に生きるとき、ただ偶然ということのみを頼りにして、その結果自分じゃ気がつかないが、いつか自分の心が迷信的になってすぐ神や仏にすがりつこうとするのである

失敗の解決策より、そのときの自分の気持ちを顧みる

失敗の解決策より、
そのときの自分の気持ちを顧みる

「自分がやりたいことを人に相談したら受け付けられなかったり、また自分の思ったことが思うように出来なかった時なんかには、普通の人間だったら誰でも失望や落胆をする。そういうときに、あなた方はたいてい何とかして失望、落胆したことを取り戻そうと、その出来事なり事情なりを解決する方へ手段を巡らすことが先決問題だと思うだろう。それが間違いなんだよ。
一番必要なことは、もしもこの出来事に対して意気消沈し、意気地をなくしてしまえば、自分の人生は丁度流れのなかに漂う藁くずのような人生となって、人間の生命の光明が消えてしまうということを思わなきゃいけないんだよ。失望や落胆している気持ちの方を顧みようとはしないで、失望、落胆をさせられた出来事や事情を解決しようとするから、いつまでも物になりやしない。つまり順序の誤りがあるから駄目なんだ。
およそ人生の一切の事件は、ほとんどそのすべてが自己の心の力で解決される

生存しているからこその生活

生存しているからこその生活

「あなた方が生きているってことは、死んでない以上はよくご承知になっています。しかし生きているという現実の中に、『生存』と『生活』の二つの面があることに気がついていますか。人間が人間らしく生きるのには、何をおいてもまず第一に我々は『生命の生存』を確保する『生き方』を考えなければならないのです。その次に『生活』を考える。
ところが多くの人たちは、生命生存という大事なことをあまり留意しないで、生活に対する方法ばかり、どうすれば健全に生きられるだろう、食い物かしらん、薬かしらん、あるいは空気のいいところかしらん。つまり肉体本位に生活することばっかりを健康獲得への唯一の手段だと考えて、無駄な努力を繰り返している。
しかし、ここはひとつ考えてみてください。生命が生存しているからこそ生活が出来るんでしょう。そうである以上、肝心要の生命の生存を確保することを何をおいてもまず第一に考えなければいけないんですよ。
生命の生存を確保する生き方は、第一に『心』の態度を終始一貫、いかなる場合があろうとも積極的であらしめることです。およそこのことぐらい人生および生命に対して大事なことはないのであります。

中村天風とその足跡中村天風とその足跡

中村天風とその足跡

中村天風の生涯と「心身統一法」の創見により、現代に渡り多くの政財界、各界の有力者に多大な影響を与え続けている彼の人生とは

天風会について天風会について

天風会について

人間が本来生まれながらにもっている「いのちの力」を発揮する具体的な理論と実践論である「心身統一法」の普及啓蒙を目的とし創設された天風会を紐解く

天風箴言天風箴言

天風箴言

艱難辛苦の果て、盛大な人生を築いた中村天風があなたに送る人生のメッセージ。その中から毎月1句、そのメッセージを伝えます

天風会施設紹介天風会施設紹介

天風会施設紹介

中村天風作の書画·彫刻、愛用の品々、貴重な写真パネル等を展示する「天風GALLERY」、その他どなたでも気軽に利用できる貸しホール·会議室について

書籍書籍

天風会OFFICIAL書籍・CDサイト

天風会では、中村天風の著作·講演録、
心身統一法の各種解説本を発行·販売しています。

詳細はこちら >

天風会おすすめ
書籍サイト