今月の天風箴言

真の幸福というものは 衷心から現在感謝を
実行する謙虚な心から期せずして招来される

新箴言註釈25 現代語表記版

この問題は、修練会に参加した人なら、どんな人でも異議なく肯定できる事実である。

多くいうまでもなく、修練会で修得された安定打坐密法を実行すれば、極めて容易にこの状態をその心に感じ取ることができるからである。

ということは、すでに修練会経験者諸君がよく知っているとおり、修練会の重要な行修課程となっている真理瞑想行を行う際、その基本要項として必ず実習する安定打坐密法は、これを真剣に実践すると、自然に心の意識領域が完全に払拭浄化されることにより、宇宙創造の根本主体に実在する、無限で、変わることのない、そして建設的な創造の力(ブリル)という尊く崇高なものと、心の意識領域が密接に結びつき、その当然の結果として、いわゆる一切智、つまり全てを悟る完全なる知恵という絶対的なものと完全にひとつとなるため、あらゆる真理を極めてスムースに感得できる。すなわち、自然的で本来的な作用(ナチュラル・アクティブ・キャパシティ)が人間の、特に心の意識領域に与えられているからである。

そして、幸福というものは、多くの人々の考えるような、客観的なものでなく、要はどんな点に観点を置いて考えても、絶対に主観断定のものであるということが、理論的な判断でなく、いわゆる霊感的なインスピレーションで即座に断定できる。

これを精神科学的に説明すると、意識の中の最高の霊性意識が現れてくるためである。

そして、同時に、生命の生存に対する現在の状況がどうであるかに係わらず、生きているということに満足して感謝することを心に感じさせることが、幸福を招く何よりの先決問題であるということが分ってくる。

もっと分り易くいえば、健康に支障があろうとも、また運命にままならないものがあろうとも、否、もっと極言すれば、どんな場合に対しても、そういう時に、それでもなお生きていられるという偉大な事実を感謝する心を持つことである、ということが自然と悟れるのである。そしてこうした心こそ、いわゆる謙虚な心という、言い換えると、何のわだかまりもない純一無雑の、人間だけがもっている最高の気高い心なのである。

ところが、大抵の人は、平素講習会の時にもしばしば言うとおり、いろいろと難しい理屈や議論を口にしたり書いたり、話題にする割には、こうした絶対真理を少しも正しく自覚していない。

率直にいうと、かくいう筆者も壮年の頃までまったくこのような尊い自覚を心にもっていなかった。相当の理知教養をもっていながら、そして無自覚のためとはいえ、幸福をひたすら相対的なことばかりに求めて、ただあくせくと一向に満足を心に感じさせることなく、絶えず不平と不満の奴隷となっていた。

しかも、それが大変な誤りであることも知ることができなかったため、ただ心の中は求めることばかりやたらに多く、しかも得るものが余りにも少ないので、実にどうしようもない焦燥と煩悶に、形容のできない懊悩の毎日を過ごしたものである。

だから、ちっとやそっと恵まれたぐらいでは、嬉しいと思ったこともないという、実に今から思うと憐れな卑しさが心の全部であったといえる。

仏教の説教の歌に、
「おもふ事一つかなへば またふたつ 三ツ四ツ五ツ六つかしの世や」というのがあるが、全くその歌のとおりであった。

それがいったん、ヨガのダーラナ密法(註・ヨガ修行の第六段階、凝念の修行)とダーヤナ密法(註・ヨガ修行の第七段階、静慮の修行)を会得して、言い換えると、諸君に指導している安定打坐密法と真理瞑想行を実践の結果、前記した真理を悟ることができて、更に十数年の苦心の末に、現在諸君に教示している各種の精神統御の方法を創見して、それを実行することに懸命に心を注いだところ、文字どおり天空海濶光風霽月(註・心がさっぱりと澄み切ってわだかまりがなく、さわやかなこと)さながらの積極的な心を作り上げることができて、長年自分の心を苦しませた不平不満や、その他一切のいまわしい消極心は、あっという間に雲や霧が消え去ったようにあとかたもなくなり、それにかわって何事に対しても、まずその事を積極的に善意に解釈して、(講習会で常に力説するとおり)感謝一念で生きるようになり得てから、あえて努力しないでも、招くわけでもなく幸福が続いてくる有難い運命の毎日を満喫するようになれて、あれほどの難病さえもまるで薄紙どころか厚紙を剥がすようにたちどころに治り、その上まったく予期しなかった長寿を、自分でも不思議に思う程、颯爽、溌剌として持続して、今なお多くの人々に、人生幸福を現実にお分けする尊い仕事にいそしんでいられるという有難さに恵まれているのである。西洋の哲学者の言にもあるとおり、「事実が最後の証明者である」。それは要するにこうした心になったお蔭である。

ですから現在、運命なり健康なり、何事かに、不平不満なりあるいはままならなさを感じる人は、とにかくその事柄にこだわる心を前述のとおり、まず感謝と満足の方へと振り替える心の態度をとることである。

もちろん、心に対する真理と方法とを会得している諸君は、凡人が感じるような困難を感じることなく、むしろ容易に、心の振り替えを現実にすることができることは、当然のことと確信している。

要するに、ただひたすらに実行するのみである。

すなわち、実行がこれに伴わなければ、秘法も密法も何の役にもたたない。

それゆえ、不幸に直面したら、まずその不幸に際してもなお生命を失わず、現在生きていられることを感謝することに、心を振り向けるべきである。すると、そうした心がけそれ自体が、幸福を招き寄せる原動力となるのである。

だから、英国の諺にも、「汝が不幸の時には幸福であると模倣せよ」というのがある。

また「人は、自分の心の持ち方一つで、どの程度でも幸福になれるものである」というのがある。

結論すれば、理論よりは事実である。そうでなくても自分の生命は絶対に他の何ものとも取り替えることのできない貴重なものである以上、まして「天は自から助くるものを助く」という真理が、絶対に覆すことのできない状態で実在しているのだから、一日も早く、自分の心を真理に順応する謙虚なものとして、真の幸福を受け入れることを心の底から強く奨める。

昭和42年9月「志るべ」85号所収「新箴言註釈25」現代語表記・編集部編

中村天風とその足跡中村天風とその足跡

中村天風とその足跡

中村天風の生涯と「心身統一法」の創見により、現代に渡り多くの政財界、各界の有力者に多大な影響を与え続けている彼の人生とは

天風会について天風会について

中村天風財団について

人間が本来生まれながらにもっている「いのちの力」を発揮する具体的な理論と実践論である「心身統一法」の普及啓蒙を目的とし創設された天風会を紐解きます。

天風箴言天風箴言

天風箴言

艱難辛苦の果て、盛大な人生を築いた中村天風があなたに送る人生のメッセージ。その中から毎月1句、そのメッセージを伝えます。

天風会施設紹介天風会施設紹介

施設紹介

中村天風作の書画·彫刻、愛用の品々、貴重な写真パネル等を展示する「天風GALLERY」、その他どなたでも気軽に利用できる貸しホール·会議室について

天風語録天風語録

天風語録

人生の深い洞察から生まれた中村天風の教え。心にひびくメッセージをご紹介します。

書籍書籍

天風会OFFICIAL書籍・CDサイト

中村天風財団では、中村天風の著作·講演録、
心身統一法の各種解説本を発行·販売しています。

詳細はこちら >

天風会おすすめ
書籍サイト